蒼龍

蒼龍社について​

蒼龍社は、墨人会創立会員故森田子龍の面授を受け、現在も会員一人ひとりの自覚の上で、書の制作におもむいています。​
その活動は、会員による書作品の制作、発表。臨書を中心とする古典研究。​​
森田子龍の創作、臨書、論文等多岐にわたる業績の紹介、普及を柱としています。​​
現在、具体的には、京都・横浜で「蒼龍展」の開催、森田子龍臨書集の刊行を事業としています。​

森田子龍『臨書選』

森田子龍『臨書選』

想起・森田子龍ノート

想起・森田子龍ノート

History

略歴

1984年 森田子龍の臨書指導の場として発足
通信指導のために、手書きの「蒼龍通信」を発行(1~54号)
1996年 第1回蒼龍展(京都文化博物館)以後京都・横浜で隔年に開催
2003年 『森田子龍臨書選Ⅰ』刊行
2004年 『森田子龍臨書選Ⅱ』刊行
2005年 『森田子龍臨書選Ⅲ』刊行
2012年 『想起森田子龍ノート』刊行 責任編集稻田宗哉
2019年 カタログレゾネ『森田子龍全書業』刊行予定